日別: 2017年9月8日


見慣れているテレビから流れるコマーシャル、ドラマもインターネット上の動画広告などはとても華やかで面白いと思えるものですが、簡単に制作できるといったことではありません。例えば自社に制作部署がない場合や、それだけの知識がない場合などには外部の制作会社に依頼することが必要です。映像制作会社をどこのものに依頼することが良いのかとなるポイントは、それぞれある会社の制作物が参考になります。依頼しようとしている動画制作会社が、いったいどのようなジャンルの映像を作り出しているか、予算はどのくらいで作り上げているのかなどがあり、さらにその会社が作り上げた過去の制作実績を見ることも重要となってきます。こうしていくつかポイントをみていくと、どの制作会社に依頼すればよいのかということが決まってきます。依頼する場合に見るべきものは、制作会社の技術を見極めることです。

一つには、企画内容ですが、そのテーマに合っている内容のものをつくっているか、そして映像のシナリオといってしっかりとストーリーが分かりやすくなっているか、そして見る人たちに対してメッセージが伝わりやすいかというところです。さらにポイントとしては、CGやテロップや、エフェクトなどが上手に使われていりあといったことです。映像にはそのほかにも音楽が非常に効果を大きく出すものになります。BGMがイメージと合っているかなどをみましょう。ポイントをいくつか抑えていくことで、制作会社への依頼を決めるものとなりますし、良いところに依頼することができます。