カテゴリー: 未分類


動画制作に関して、自分たちの手で行うことができない場合には、動画制作会社に依頼する形になります。そこで依頼に関して大事なのは、どのような動画を作りたいのかをはっきりさせておくことです。あいまいな構成では、制作会社に内容も伝えることがむずかしくなりますし、こちらが希望する作品にしあがりません。動画の構成に関しては、商品を購入させるためのものか、それともブランディングが目的か、さらにサイトにお客を訪問させることが目的なのかなど、構成やプランに関しても多くの考え方があります。自分たちの作りたいものと、伝えたいことが相手と一致することで初めて動画の力を発揮することができます。

また、それぞれある動画制作会社には、その会社が持っている強みや技術力があります。 自分たちが作り上げたい制作の目的がはっきりしたら、依頼する側に対して同じような事例があるかまた、実績はどのくらいあるのかなどをしっかりポイントとしてみていきましょう。そのほかにも、料金はどこが安いのか、また案件が急ぎでも対応してくれる会社はどこか、さらにクオリティを重視したい場合には、費用はどのくらいつぎ込めば良いのかなどさまざまな観点から動画制作を依頼することが大切です。


製作にかかる費用などを最初に把握しておくことは必要です。誰に何をどのようにつたえるのか、またどんなことを構成して相手にわかるようにしたらいいのかなどを最初にしておくことで、費用の設定がある程度できます。インターネット上の動画配信する方が良いのか、それぞれの店舗に設置しているモニターに映し出して放映する方が良いのかなど、どのようなコンセプトで映像を流せばよいのかなども考えておく必要があります。映像制作を初めて制作会社に依頼する時には、会社の規模で安心かどうかを見てしまうものですが、会社の規模が大きくても製作をする担当者の対応が良くないこともありますし、依頼者側が希望する映像を作ってもらえない場合もあります。

映像を動画制作会社へ依頼する時には、さまざまな観点から依頼することが必要です。スタッフはどのくらいなのか、今ある機材はどのようなもので、数はどのくらいか、会社の規模も大事なポイントとなります。このように初めて動画制作を依頼する時には、できるだけ依頼者側の希望や要望をそのまま反映してくれる動画制作会社への依頼が望ましいと考えます。こうした映像会社に出会えることで、自社ではできない動画制作も、希望にそった出来上がりで仕上がります。また、多額の費用も無駄になることはありません。

推奨リンク>>>https://movi-lab.com/
・・・動画制作会社「ムビラボ」のホームページです。


一言で映像と言っても、映像には多くの種類があります。例えばブライダル用ビデオやテレビコマーシャルそして毎日目にするニュースもありますし、子供たちが好きなアニメーションさらに広告として利用するなどのプロモーションビデオまで多くの種類の映像制作があります。映像を作ることで、依頼するにしても映像制作会社にいろいろな得意分野があります。一つの得意分野を徹底して作成している会社もありますが、現在では、各専門分野のクリエイターが会社に所属しているところもあります。製作会社を選ぶ時には、依頼予定の映像ジャンルを依頼を考えている制作会社が実際に行ったことがあるのかどうか、そして実績はどうかということがメインとなります

映像制作というのは非常にコストがかかるものです。テレビコマーシャル、プロモーションビデオなどには、かなりの費用をかけて作り上げていることは皆さんが知っていることです。映像を依頼するには、依頼したい映像イメージに関して、いったいどのぐらいの制作費用が掛かるものなのかを把握しておくことがとても重要です。映像制作会社のホームページなどでは、作成の工程ごとの料金が記されていますので、事前に把握している金額と近い会社に依頼するようにしましょう。


見慣れているテレビから流れるコマーシャル、ドラマもインターネット上の動画広告などはとても華やかで面白いと思えるものですが、簡単に制作できるといったことではありません。例えば自社に制作部署がない場合や、それだけの知識がない場合などには外部の制作会社に依頼することが必要です。映像制作会社をどこのものに依頼することが良いのかとなるポイントは、それぞれある会社の制作物が参考になります。依頼しようとしている動画制作会社が、いったいどのようなジャンルの映像を作り出しているか、予算はどのくらいで作り上げているのかなどがあり、さらにその会社が作り上げた過去の制作実績を見ることも重要となってきます。こうしていくつかポイントをみていくと、どの制作会社に依頼すればよいのかということが決まってきます。依頼する場合に見るべきものは、制作会社の技術を見極めることです。

一つには、企画内容ですが、そのテーマに合っている内容のものをつくっているか、そして映像のシナリオといってしっかりとストーリーが分かりやすくなっているか、そして見る人たちに対してメッセージが伝わりやすいかというところです。さらにポイントとしては、CGやテロップや、エフェクトなどが上手に使われていりあといったことです。映像にはそのほかにも音楽が非常に効果を大きく出すものになります。BGMがイメージと合っているかなどをみましょう。ポイントをいくつか抑えていくことで、制作会社への依頼を決めるものとなりますし、良いところに依頼することができます。